ラベル 京都府 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 京都府 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年8月7日月曜日

修学院守禅庵 岩石祭祀遺跡(京都市左京区)


※過去の記憶に基づくため、上の所在位置は正確ではない。

所在地:京都府京都市左京区修学院守禅庵

参考文献:京都大学考古学研究会 1994 「修学院磐座調査報告」『第45とれんち』

比叡山の西麓に修学院離宮・赤山禅院などがある修学院の地。その赤山禅院の北側に張り出している丘陵に、比叡山への登山道の1つが巡らされている。
その登山道口から約200m入った右手斜面に、岩石のまつり場がある。

この岩石に対して、京都大学考古学研究会(以下、京大考古研)が1993~1994年にかけて、遺物の表面採集や簡易測量を中心とした調査を行なっている(京大考古研はこの岩石を「修学院磐座」と呼称している)。
その調査成果は、京大考古研の1994年の機関誌『第45とれんち』に載せられている。
ここでは『第45とれんち』に報告されている調査結果をかいつまみながら、修学院磐座を紹介したい。

修学院守禅庵 岩石祭祀遺跡

修学院守禅庵 岩石祭祀遺跡

修学院守禅庵 岩石祭祀遺跡

石質は黒チャート。横幅は約2.4m、高さは約2.2m。全体として台形~オムスビ形の形状をしている。
石は苔むして、注連縄が張られている。前面には、直立する竹を幣として、紙垂が付けられている。現在でも祭祀が続いていることを示す。

京大考古研が、この岩石周辺から地表面に出ている遺物を採集したところ、その数は359点に上ったと報告されている。
採集した遺物のほとんどは、岩石の前面1.6×2.4mの範囲から見つかった。
その下斜面からも若干数が見つかったが、これは原位置にあった遺物が斜面下にずれ落ちたものと思われる。

採集された遺物359点はすべて土師器皿であり、ほとんどは細片だったため、京大考古研が機関誌に詳細報告したのは19点にとどまった。

土師器皿の多くは皿内面の底部と体部の境に凹線を有しており、これは17~18世紀に岩倉木野で作られていた土師器皿の特徴と酷似しているという。
凹線の付け方や器形の特徴から、今回の土師器皿群は18世紀前半~後半に渡って岩倉木野で製作された土器群であると京大考古研は判断した。

「岩石の前面」という非常に限られた、かつ非日常的空間で1世紀間にわたって同じ器種の土器が散布しているという事実を考慮すると、祭祀用途以外の可能性を指摘するのは、甚だ不自然であると言えるだろう。

京大考古研の報告では、一部の土師器皿には煤が付着しており、祭祀の際に火が灯されていたのではと指摘している。
江戸時代の岩石祭祀を考える際の興味深い事例となるだろう。

2017年7月20日木曜日

出雲神社(京都府亀岡市)


京都府亀岡市本梅町井出

出雲神社

出雲神社

境内に巨岩があり、現在の社殿が建てられる前から、「出雲大明神」を称する祠が巨岩の傍らにあったと社伝にある。
神社鎮座以前からのまつり場とされるが、詳細は不明。

西山(数掛山)の南東山裾に鎮座。
西山の山中にも数多の巨岩群が存在するというが、全容が公にされたことを見聞きしたことはない。

出雲神社
西山

廣峯神社(京都府亀岡市)


京都府亀岡市本梅町中野

かつて牛頭天王と称していたが、明治時代に廣峯神社に名を改め、祭神も須佐男之命とする。

正嘉元年(1259年)の棟札が残る。

現社殿の向かって右の道を100m進むと、元宮と呼ばれる場所がある。

廣峯神社

廣峯神社

廣峯神社

元宮は、岩坐と呼ばれる。

小型の石窟・岩屋・石室とでも言うべき人為構造物で、内部に小祠と諸々の奉献物を供える。

周囲には大小の自然石が苔むしていて、一帯を包括して神域が構成されていると言えるだろう。


宮川神社(京都府亀岡市)



京都府亀岡市宮前町宮川

宮川神社

『延喜式神名帳』記載の神野神社とされる。
祭神は伊賀古夜姫命・誉田別命。

神社は神尾山の山裾にあるが、かつては神尾山の山上にあったという。

天正5年(1577年)の戦火により社殿焼失し、現社地に遷座し宮川神社に名を改めたと伝えられる。

本殿の背後崖面には巨岩が露出しており、遷座以前から祭祀場だった可能性もある。

宮川神社
社殿背後の巨岩

宮川神社
巨岩を斜面上から撮影

また、そこから北へ100mほど進んだ山道の脇に沿って、数十個の岩石が並べ置かれた列石がある。

宮川神社
列石(一部)

宮川神社
列石(一部)

神野山は金輪寺や神尾山城が築かれ山中各所に石垣などが残るため、城郭施設・寺院施設の一種の可能性もあるが、いずれの説もl確証はない。

2017年6月26日月曜日

元伊勢内宮皇大神社・天岩戸神社・日室ヶ嶽(京都府福知山市)


京都府福知山市大江町内宮

元伊勢三社

元伊勢伝承地「吉佐宮(よさのみや)」の比定地。

ただし、吉佐宮の比定地としては他に京都府宮津市の籠神社があり、むしろ籠神社の方が支持する人が多いのが一般的で、当社はやや陰に隠れている。

かつてより地元では「大神宮(ダイジング)さん」と呼ばれ信仰を集めていたという。

当社は、麻呂子親王の伝説を伝えている。
麻呂子親王は用明天皇の皇子で聖徳太子の異母弟にあたる人物。
麻呂子親王が大江山の鬼退治に赴いた時、戦勝祈願のために伊勢神宮の神々を祭る内宮・外宮を勧請したということから、当社はいわゆる「天照大神の元伊勢」と違うところから発祥したという説もある(大江町誌編纂委員会編『大江町誌』通史編上巻、大江町、1983年)。

また、『延喜式神名帳』によればこの辺りに不甲神社という延喜式内社が鎮座していた。不甲神社の名は今に伝わっておらず、比定地の一つとしてそれを当社が挙げられている(村上政市『神と鬼の棲む山-元伊勢と大江山-』日本の鬼の交流博物館、1994年)。


2017年6月6日火曜日

岩上神社(京都府舞鶴市)


京都府舞鶴市寺田

岩上神社(舞鶴市)

寺田地区の産土神。

岩上神社(舞鶴市)

石垣を積んでいるというわけではなく、自然の石灰岩の上に社殿を建て、階段を敷設している。

岩上神社(舞鶴市)

岩上神社(舞鶴市)

京都新聞の記事『岩石と語らう 133 岩上神社』(1999.6.22)で当社が特集されている。

同記事によれば、2億年以上前の石灰岩層が露出した大きな岩塊の上に社殿を建てたのが岩上神社で、由来は不詳ながらも、一説には神社の裏山に中世築かれたという寺田城の守護神だったともいわれる。

ほかにも、大事なものをなくした時に神頼みをすると必ず見つかったという話(いわゆる民俗学でいわれる膳貸し伝説)や、産後の乳の出を祈願する信仰があったと伝えられる。
石灰岩という白乳色でふくらみをもつ岩質が、乳の出の信仰につながるのだろうか。

二つの川の合流点近くに立地するという山裾の自然環境も、信仰の要素とは無縁ではないと思う。


2017年5月26日金曜日

大岩神社(京都府福知山市)



京都府福知山市大江町毛原

毛原地区の氏神である。

元不甲道(もとふこうどう。元普甲道)という、丹波の大江から丹後の宮津に通じる古道があり、大江山越えをする際の主要道として、古くより数多の人の往来があったとされる。

単なる街道としてだけではなく、中世には普甲寺という一大山岳仏教寺院が栄え、その参詣道としても盛んに利用された。
現在、その場所は不明ながら、普甲寺の近くには延喜式内社の不甲神社もあったと推測されている。

その元不甲道の途上、毛原峠の南に鎮座するのが大岩神社である。
社号の由来となった岩塊が燈籠・鳥居と共にまつられており、「岩神さん」と呼ばれている。

周辺はよく擦り減った石畳の道が残っており、鬱蒼とした峠道の雰囲気とあいまって、中近世当時とほぼ変わらないであろう空気感を今に伝えている。

大岩神社(毛原)


大岩神社(毛原)