ラベル 長野県 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 長野県 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月15日日曜日

戸隠三十三窟(長野県長野市)


長野県長野市戸隠 戸隠神社(戸隠山)

戸隠神社は元来は学問行者が開山した霊場であり、山岳仏教・修験道の系譜で隆盛していたものが、明治の神仏分離を受けて神社となったものである。

戸隠神社奥社
戸隠神社奥社(奥院)参道の有名な杉並木だが、これも江戸時代に植樹されたものである。

戸隠山を練り歩いていた学問行者が諸仏と出会った場所が、現在戸隠神社奥社の背後にある本窟・宝窟であり、戸隠の地主神ともいわれる九頭龍大神と出会ったのが現在九頭龍社の背後にある龍窟と伝えられている。

戸隠神社奥社
奥社(奥院)の裏に見える岩肌。本窟・宝窟と目されるが内部を見ることはできない。戸隠信仰の本髄はここにあるはずだが感得することはできなさそうだ。

戸隠神社奥社
九頭龍社に接している岩肌。社の本殿はこの岩盤の中に導かれており、龍窟と思われるがこちらも構造不詳。

戸隠神社奥社

戸隠山には、このような岩窟の行場が山中各所に分布していたといい、戸隠三十三窟と総称されている。
三十三窟と思しきものが江戸時代の絵図にも描かれているので列挙してみたい。

http://www.i-repository.net/il/cont/01/G0000307npmh/000/218/000218978.jpg
「信州戸隠山惣略絵図」(江戸時代作推定)

上絵図は33カ所描かれていないので、下の近代の絵図も参照してピックアップしてみよう。

http://www.i-repository.net/il/cont/01/G0000307npmh/000/218/000218977.jpg
「国幣小社戸隠神社御境内図」(1900年作)

  • 本窟(宝窟)
  • 龍窟
  • 大岩窟
  • 大多利窟
  • 仙人窟
  • 歓喜天窟
  • 帝釈窟
  • 金剛窟
  • 大威徳窟
  • 水晶窟
  • 不動ノ窟
  • 軍タリ窟
  • 胎内窟
  • 隆三世窟
  • 愛染窟
  • 毘沙門窟
  • 聖天窟
  • 長殿窟
  • 三層窟
  • 西窟
  • 獅子ノ窟
  • 象ノ窟
  • 五色窟
  • 大隈窟
  • 小隈窟
  • 中ノ窟
  • 日中窟
  • 雷ノ窟
  • 経蔵窟
  • ヤクシ窟
  • 梯願窟
  • 塔窟
  • 般若窟
  • 法華窟
  • 智慧ノ窟

複数の文献から拾い出したところ、33カ所を超えてしまった。時代と文献によって、三十三窟の選定には揺らぎがあるらしい。
(または、同一物に複数の名称がついているか)

また、裏山には「礼ハイ石」「マンダラ石」の字も見え、山岳仏教特有の岩石信仰の跡も見られる。

これらのいくつかは所在が特定されているが、中には位置が分からなくなっていたり、現在では到達至難な場所もあるとのことである。
一部の岩窟については、導いてくれる専門のガイドの方もおられるようだが、本格的な登攀装備は必須だろう。

ほか、気になったものをいくつか。

戸隠神社奥社
社務所の隣にある、岩に囲まれた施設。

戸隠神社奥社
参道脇に露出する岩塊の岩陰に祀られた石仏三体。文政2年(1819年)の銘がある。

戸隠神社奥社
現代の岩石信仰あるいは特別視と呼ぶべき所産。参道脇に存在。

2018年7月12日木曜日

田頭 岩窟観音堂(長野県長野市)


長野県長野市戸隠栃原田頭 字裏の山



戸隠の田頭地区にある岩窟観音堂は、樹齢約500年といわれる大杉(天然記念物)の存在で知られる名勝である。
これと併せて、岩窟観音堂の名前が表すように、本堂の背後と隣に2体の巨岩が控えることにも触れておきたい。
周辺にこれほどの岩盤の露出は見あたらず、この地だけに忽然と存在する。

田頭岩窟観音堂

県外者は、田頭地区まで来るのが一苦労である。

長野市街から車で約1時間。
国道406号経由と戸隠神社方面から地方道を進むルートがあるが、いずれのルートも狭道であり普通車はやや難儀する。
(私は普通車で来たが)

田頭に入ったら、この看板のとおりに進む。

田頭岩窟観音堂

ここで私は道を間違えまっすぐ進んだが、正解は右。
よく見ると、道の分かれ目に「岩窟観音堂の大杉」を示す標識があるが、狭道のため注意が散りやすく、標識に目が行きにくい。
まっすぐ進むと、後で触れる妙見神社・妙見寺にぶつかる。
徒歩であれば、妙見神社・妙見寺経由で行きつくこともできるが、ややわかりにくいので林道経由を推奨したい。

田頭岩窟観音堂

先の分岐を右に進むと、林道「上ノ入線」に突入する。
別の道につながらず、やがて袋小路になる林道のようだ。
道幅はそこまで狭くはないが、未舗装のため夏は草が繁茂しすぎで車が入れる道になっていない。

田頭岩窟観音堂

上写真の道路状況はここがたまたま良いだけで、探訪日(2018.6.30)は倒木と落石が多く、現状で車の進入はお薦めしない。夏は特に進入車が少ないのではないか。

上写真の「岩窟観音堂の大杉」の説明看板が右手に見えたら、右の山側斜面に取りつく。
上写真ではよく分からないと思うので、さらに拡大。

田頭岩窟観音堂

上写真中央の踏み跡を登ればすぐ岩窟観音堂が見える。

私は初めは夕方に訪れたため、この踏み跡が薄暗く観音堂への取りつきとわからず、林道の先にあるのだと勘違いしひたすら突き進んで敗退。
翌日に再訪したところ、昼間なら林道からも観音堂が見えたので2回目で見つけることができた(夏なので繁茂でよりわかりにくいのだろう)。

田頭岩窟観音堂

ちなみに林道を直進すると、「岩窟観音自然園」の2001年の看板が立つ場所がある。

田頭岩窟観音堂

そこに東屋があり、おそらく駐車スペースを思われる広場があるが、ご覧のとおり伸び放題なので夏は車の底をこする覚悟で。
冬は冬で凍結の恐れがあると思うので、車でのアクセスは春か秋限定かも。
かつては観光地化されたような形跡があるが、現状は再び取り残されている感がある。

田頭岩窟観音堂

岩窟観音堂の遠景。
よくここにお堂を建てたと感心する斜面。舞台造となっている。
写真の左右に巨岩が相対する。

田頭岩窟観音堂

本堂の前に屹立するのが大杉。

田頭岩窟観音堂

田頭岩窟観音堂

「岩窟観音堂維持お手植えの杉」とある。
維持は平安時代の平維茂(たいらのこれもち)のことで、戸隠一帯に鬼女・紅葉を維茂が討伐した紅葉伝説が広まっており、その伝承地となる。

田頭岩窟観音堂

本堂掲示(1929年、信徒総代3名と大昌寺住職滝沢天海氏の記述)からかいつまむと、次のとおりである。

  • 名称は「妙見寺(岩窟観音堂守護寺)」「奥の院岩窟観音堂」
  • 本尊は弘法大師作(伝)とされる観世音と馬頭観世音。
  • 平維茂が鬼女・紅葉を討伐する時、北向観世音(小県郡別所村)に祈願したところ、紅葉の居場所を霊夢で知り討ち取ることができた。
  • 紅葉討伐は観音の霊験と感激した維茂は「奇巌相聳える地を探し」、北向観世音の分霊をまつったのが当地だという。

伝承上の話ではあるが、維茂が観音をまつる地をなぜ「奇巌相聳える地」にしたのかは不明である。

田頭岩窟観音堂

田頭岩窟観音堂

本堂の背後には、堂に接して上の巨岩がそびえている。
岩肌には大小の窪みがあり、堂背後には岩窟状の空間があるのかどうかは不明だが、構造的にはあってもおかしくない。
戸隠神社の奥の院も背後に岩窟を有し、祭祀構造としては同等である。

田頭岩窟観音堂

本堂の西にもう1体巨岩がある。

田頭岩窟観音堂

こちらは社祠をまつっているようである。
神名は明示されておらず不明。

田頭岩窟観音堂

実際は石仏も奉献されており、神仏混淆の世界である。
紅葉伝説の一伝承地として語られる場所だが、このような斜面に舞台造の堂を設けた理由はこの2体の巨岩の立地に他ならない。
この岩石信仰はいつまで遡れるのか興味がある。

田頭岩窟観音堂

麓には妙見神社と妙見寺がある。
前述の掲示によれば、ここの奥の院として岩窟観音堂は位置づけられている。
神社の右を通る踏み跡が本来の参詣道だったと推測され、この延長線上に岩窟観音堂がある。

田頭岩窟観音堂

参詣道に並ぶ多数の石仏群が歴史を物語っている。

2018年4月26日木曜日

諏訪七石(長野県諏訪市・茅野市)

諏訪七石について

1238年(嘉禎4年)『諏訪上社物忌令之事』に、七つの石の存在が記述されている。
これを諏訪七石という。
  1. 硯石
  2. 沓石
  3. 蛙石(甲石)
  4. 小袋石
  5. 亀石
  6. 兒玉石
  7. 御座石

今は廃絶している諏訪大社の神事の1つに、湛神事と呼ばれるものがある。
3月の大御立座神事の時、神使が「湛(たたえ)」と呼ばれる場所を巡り、そこで神降ろしを行う。その時、鉾の先端に鉄鐸を取り付けてそれを鳴らすことで、祭祀を行う。そして11月の御立座神事の時、その「湛」で降ろした神を再び送り上げるという。

この「湛」は、木であったり石であったりが選ばれていたらしいが、その石が諏訪七石だったといわれる。信憑性については不確かな部分もあるが、もしそうだとするならば、これら七石は神を迎え、そして送るという磐座の機能を果たしていた場所だと解釈することができる。
現在はいずれの石でもそのような祭祀儀礼は行なわれていないので、今は磐座跡・元磐座というのが正しい表現だろう。

硯石 -諏訪七石その1-

諏訪大社上社本宮の境内にある。しかし、石の近くまで行くことはできず、四脚門(四足門)と呼ばれる場所から遥拝する。



諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

神社が掲げる説明板によれば、石の上面は窪んでおり、ここに溜まる水は枯れることがないという。
同じ説明板に、鎌倉時代の神楽歌において「 明神は 石の御座所に おりたまふ おりたまふ みすふきあげの 風のすすみに」と読まれている歌があるが、ここに登場する石が硯石に当てられている。

一方、硯石はもともと現在地とは違う場所にあったという説がある。
また、江戸時代の文献や絵図に硯石の存在が抜け落ちていることが度々あり、神楽歌に登場するような「石の御座所」だったかどうかも検討の余地がある(八ヶ岳原人氏「『硯石』諏訪大社本宮の磐座《諏訪七石》」)。

このような移動説のほか、元来は別の岩石を硯石と呼んだ可能性もある。

上社本宮には神体山として神聖視されている守屋山(標高:西峰=1650m、東峰=1631m)があるが、現在の上社本宮拝殿の拝み方向は、山の方を向いていない。「神居」と書かれた禁足の森の方角に向かっている。

山を神体とする神社の多くは、社殿の背後に山を持ってきて拝み方向が「社殿→神体山」と重なることが多い。
一方、四脚門から硯石を拝むと、その延長線上には神体山が当たる。このことから、当初の祭祀方向は「四脚門-硯石-神体山」ラインであり、それがある頃から「拝殿-神居」ラインに変わったのだと考えられている。
拝殿の裏、神居の中にはかつて「お鉄塔」と呼ばれる仏塔があり、これは弘法大師が建てたものという伝えがあった。おそらく、神仏習合の時代にこの「お鉄塔」を拝む向きに拝殿を設けたのだと推測される。
社域と山の境にあるという点では、硯石は磐座としての立地にはふさわしい。

なお、守屋山の東峰上には守屋神社奥宮が鎮座し、その周辺には露岩が点在している。


沓石 -諏訪七石その2-

上社本宮境内、「一の御柱」の後ろにある。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

「沓石」には「お沓石」「御沓石」という表記もある。
石垣と半分同化しているような現状だが、諏訪明神の沓(くつ)の跡が残る石、または諏訪明神の神馬の足跡が残る石などと伝えられている。

沓石の背後には「天の逆鉾」とよばれる鉾が突き立っている。
江戸時代に国学者が突き立てたもので、刻字もあるとのこと。
この鉾の上面めがけて小石を投げて一度で乗せることができれば大吉、願い事がかなうといわれている。


蛙石(甲石) -諏訪七石その3-

『諏訪上社物忌令之事』には「甲石」という名前で登場する。

蛙石については1つに特定されておらず、候補には諸説ある。

(1)上社本宮拝殿の奥、「神居」の中にあるといわれる大石
(2)上社本宮境内の「蓮池」の中
(3)諏訪市湖南大熊に存在する「蛙石」

(1)については禁足地で内部を見られないため、そんな大石が存在するのか自体が詳細不明。

(2)の蓮池は、池の数ヶ所に石が何個か顔を出しているが、この内のどれか、ようとしてしれない。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

それとも、池の底に沈んでいるのだろうか。
(池は浅いので底が見えるが、それらしき石はなし)。現存しないという可能性もある。

(3)の蛙石は現存特定可能。上社本宮から歩いて行ける距離。



諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

諏訪の高島城を築く際、どこかから持ってきたのがこの石という。


小袋石 -諏訪七石その4-

「おふくろいし」と読む。諏訪七石のうち最も大きな石になる。
上社本宮と上社前宮の間にある道から、山の方へ歩いていくとたどりつく。



諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

太古、小袋石の辺りまで諏訪湖の水位は高かったと言い伝えられ、この石で舟をつないでいたということから「舟つなぎ石」の別称も持つ。
七石の中で最も巨大という外見的要素にくわえ、石をつたって小さい沢があり、まつられる要素のいくつかをそろえている。

小袋石の直下には石祠が散在し、その中でも最も大きな祠を磯並社という。


亀石 -諏訪七石その5-


元来、どこにあった場所かわからないが、現在は高島城内にある。



諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

茅野市の安国寺・大河原・西茅野あたりを流れる宮川の辺りに千野川明神がまつられていたといい、そこに亀石も元々あったとのこと。
それがある時洪水で流され、そのあと高島城の庭に置かれていたのが、明治の廃藩置県に伴って一般人に売却されたという流浪の石である。

長らくその存在を目にすることはできなかったが、2007年、所有者の厚意により再び高島城に移され、現在はその姿を高島城で見ることができる。
水をかけると亀が生きているようになり願いがかなうという尾ひれまでつく。

元来千野川明神にまつられていたという亀石と同一個体かどうかは不明だが、とりあえず諏訪七石の亀石と呼ばれるものの唯一の候補となっている。

兒玉石 -諏訪七石その6-


諏訪市湯の脇に鎮座する兒玉石神社に比定されている。付近は道が狭く急斜面。一歩道を間違うと車の方向転換も難なので注意。



境内には5個の巨石が転がっており、これが諏訪七石の兒玉石に相当するものと考えられている。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

5個の巨石の内、社殿の手前にある2個の巨石をまとめて「いぼ石」と呼び、特に神聖視されている。
神が諏訪湖から引き上げてここに置いた石といわれており、石のくぼみにある水は乾くことがなく、この水をいぼに付けたら必ず治癒するといいつたえられている。探訪時は水が溜まっていなかった。


御座石 -諏訪七石その7-


候補は2ヶ所ある。

(1)上社境内
(2)茅野市本町に鎮座の御座石神社境内

(1)の上社境内は『諏訪上社物忌令之事』で示されている場所だが、現在特定ができず、どれのことなのかさっぱりという状況だ。

他の多くの史料では、諏訪七石の御座石を(2)の御座石神社に当てている。



境内には3個の石がある。
1つ目は、神社入口脇にある御履石と呼ばれる石。
祭神の高志沼河姫命がここで靴を履き替えた石という。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

2つ目は、社殿手前にある石。
この石に名称は付いていないようだが、高志沼河姫命がこの石に腰掛け休んだといわれ、また、命が乗っていた鹿の足跡が残るともいう。確かに、石の表面には足跡らしき窪みが見られる。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

4月27日のどぶろく祭りの時には、この石に幣帛が捧げられる。
神への捧げものである幣帛があるということは、祭祀時にこの石に神が顕現しているという構図になります。単なる神跡にとどまらず、現在も磐座要素が見られる。

3つ目は、社殿横にある穂掛石。
この石は元々はこの近くの字・吉田という場所の田んぼ内にあったといい、穂を掛けていたとことからこの名があるという。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

さて、諏訪七石の御座石とは言えど、境内にあるこの3つの石の内、どれを指すことになるのだろうか。
3つ目の穂掛石は吉田から移設したものなので除くとして、1つ目か2つ目か。それとも、現存しないのか。

私見では、1つ目は御履石という名前が付いている点、2つ目は名前が付いていない石である点、2つ目の石は神が腰掛け休んでいるという点などから綜合して、2つ目の石が御座石にふさわしいのではないかと感じた。

ちなみに、穂掛石は「矢ヶ崎村七石」の1つだそうで、他にもたくさん名の付いた石がある。「七石」で括る文化の根強さを今に伝えている。


上社前宮の岩石祭祀事例


七石と呼ばれるもの以外にも、諏訪大社にはいわれのある岩石がある。上社前宮で知った4つの事例を紹介したい。



(1)神の足跡石


諏訪大社上社前宮の玄関口、国道152号線沿いに「みそぎ池」があり、そのほとりに溝上社の祠がまつられている。
現地看板によると、池の西方に「神の足跡石」があったと記載がある。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

八ヶ岳原人氏の「神の足跡石《諏訪大社上社散歩道》」のページによると、「神の足跡石」を想起させる、岩石表面に足跡状の窪みが残る岩石が紹介されている。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

確証はないものの、池の西方にあり、本ページでも件の岩石である可能性を指摘しておくため記録しておきたい。

(2)弓立石


矢立石ともいう。
大祝(おおはふり)の居館の庭にあった石だというが、それ以上の詳細は定かでない。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

(3)大石さま


諏訪大社上社前宮に掲げられた周辺地図(安国寺区史友会の作成)に記載がある。
大石さまに隣接して石碑が1体立てられているが、刻字が判然としない。名称からしてまつられていた岩石であることは想像できる。

諏訪神社周辺の岩石祭祀事例

(4)要石


かつて鶏冠社にあったといわれる岩石。
諏訪神社神官職の長である大祝が即位する時に、大祝がこの要石の上に立ったという祭儀上重要な石。大祝の代替わりの時、要石の上に簾を敷いて新しい大祝が座すと、神が憑依して神人となったという。人に神を降ろす磐座の一種である。
「諏訪大社/上社参詣記」によれば、即位式の際には、祭りで使用する道具を置くカナツボ石という石もあったという。
しかし、要石は明治初期に何者かに盗まれ、今は存していない。カナツボ石は不明。

参考文献


上社本宮社務所・下社秋宮社務所『諏訪大社』(由緒書)

八ヶ岳原人「『硯石』諏訪大社本宮の磐座《諏訪七石》」「神の足跡石《諏訪大社上社散歩道》」・(「from 八ヶ岳原人」内)

「石の文化史_展示解説3」「諏訪市博物館webpage」内)

「諏訪大社/上社参詣記」「戸原のトップページ」内)

2018年4月8日日曜日

河合の陵/川合の陵/阿智神社奥宮の磐座(長野県下伊那郡阿智村)


長野県下伊那郡阿智村

 黒川と本谷川が合流し、阿智川になる合流点に阿智神社の奥宮が鎮座する。
 奥宮の背後は小丘状に盛り上がっており、これを「河合の陵」(川合の陵の表記もある)と呼んでいる。

河合の陵/川合の陵/阿智神社奥宮の磐座

 阿智神社祭神であり阿智の祖神である天表春命(アメノウワハルノミコト)の墳墓としてまつられている。

河合の陵/川合の陵/阿智神社奥宮の磐座

 陵の頂上に1個の岩塊があり、これは祖神を宿した磐座とみなされている。

河合の陵/川合の陵/阿智神社奥宮の磐座

 この岩石を囲む遺構が発見され、学者によって古代祭祀の跡であると立証されたと現地看板には記されている。
 しかし、どの学者のどの報告に基づくものか典拠ははっきりされていないため、詳細は分からない。磐座と読んだ古記録が残っているのか、磐座と墳墓の機能をどのように両立すると考えているのかが気になるところである。

 前宮看板には「奥宮近くの河原から、昔、暖かい水が出てきたといわれている」と記されている。

2018年4月5日木曜日

遠山川本谷の弁天岩(長野県飯田市)


長野県飯田市南信濃木沢 遠山川本谷

南アルプス・聖岳の一帯を源流とする、遠山川の本谷沿いにある岩盤を弁天岩と呼ぶ。

CIMG5962
遠山川越しに望む弁天岩(南から)

CIMG5967
弁天岩の頂部に祠がまつられている。

CIMG5969
背後は遠山川

CIMG5970
岩盤の手前には山神・水神の石碑がある。

遠山郷から見て、このあたりは遠山川本谷の奥山として意識されていたといわれる。
そのため「山仕事に入る人びと・猟に入る人びと渓流漁撈に入る地元の人びとは必ずこの山の神に祈りをささげたのだという」(『遠山谷北部の民俗』)。

出典

飯田市美術博物館編・発行 『遠山谷北部の民俗』(飯田市地域史研究事業・民俗報告書4) 2009年

下栗大野の子安三社大明神(長野県飯田市)


長野県飯田市上村下栗大野

子安三社大明神は、子安大明神(子安神社)・赤崩大明神・池大明神の三社からなる。
子安様とも呼ばれている。
寛政4年(1792年)の棟札が残る神社である。

CIMG5944

子安大明神の境内に2個の丸石がまつられている。

CIMG5950

CIMG5948

下記の伝承がある。

  • 「二つの丸石はアカナギ沢の下に二つ並んであったもので、小野の人が小さな石を家に持ち帰って漬け物石にしたが、漬け物を漬けてもまずくて食べられない。おかしいと思ってハッケメと呼ぶ禰宜に八掛で診てもらったところ、子安様にあげてもらいたい石だから漬け物石はダメだと言われた。そこで子安神社に奉納した。そののちに大きい石も子安様にあげなければいけないと、大野の村中で細引きのモッコでこの石を担ぎあげたのだった。この石を撫でて腹を撫でると子が授かると信じられている。子供ができたら健康でヒトナル(成長する)ように、学校に上がったら勉強ができますように、と次々に神頼みをした」(『遠山谷北部の民俗』)
  • 「これらの石は、大野の入口にあたる赤ナギ沢から百年ほど前に出土したもので、それをここに移した」(同書)
  • 「いまでは、赤ナギ明神の本体と見られるようになった」(同書)
  • 「この石を三度撫でまわしてから、腹に手をふれると、子供が三人できると言われている」(同書)

丸石は2つではなく3つという話もある。一番右に置いてある平べったい石をそれに含めるのであれば3つにはなる。

出典

飯田市美術博物館編・発行 『遠山谷北部の民俗』(飯田市地域史研究事業・民俗報告書4) 2009年